返済遅延について

キャッシングの返済遅延は絶対にしてはいけません。

無理な返済にならないようにしっかりと計画を立ててキャッシングする
ことを心がけましょう。

遅延をしてしまうと、申込者の社会的信用が損失してしまいます。
そして、その後の5年間はその履歴が残り、再度キャッシングを
利用するときに大きな影響を及ぼします。

もし、万が一に遅延してしまうようなら、必ず契約で定められた
毎月の返済日までにキャッシング会社に電話してください。

キャッシング会社も金利手数料を得るビジネスなので、
申込者とのトラブルは回避したいはずです。

それに現在のキャッシング会社は、法的に監視されており、
合法的なビジネスを行っているので問題が発生する前に連絡すれば、
お互いが折り合えるような話し合いも可能です。


現在は、昔のような高金利・過剰な貸付・過酷な取立は法律上
禁止されていますので、もし一身上の都合で遅延等が予想される場合は
早急な連絡をしましょう。
(しかし、一部の悪徳高利貸しの取立はまだまだあるようです。)


キャッシング会社の一般的な催促手段は、以下のようなものです。

・郵送による督促通知の発送
・自宅や携帯への督促電話
・実家や勤務先への督促電話
・自宅等への訪問
・訴訟の提起等の取立行為